みんなで叶える物語

カーラッピング, 痛車 萌え車

こんばんは!

金田です。

 
金田は
漫画好きで有名です。(笑)

 
まあ
好きな漫画は
数えきれませんが

 
最近のお気に入りのひとつが

 
畑さんの
トニカクカワイイ

 

 


 
ハヤテのごとく

そうでしたが

かなりテーマが深い漫画です。

 
かなり
オススメです!

 
金田の中の
不動の漫画

鋼の錬金術師
HOLIC

オススメです!!

 
是非
読んでみてください!!

 
さてさて。

 
金田の話は
お・い・と・い・て!

 
自分の趣味って

遊びや娯楽にとらえることもありますが

ふか~~~く
探っていくと

 
実は

自分の大切な奥深い
自分でも気が付いていない部分を

無意識に表現しているんですよね。

 
例えば
金田の場合。

 
子供の頃から
不思議な体験を数多くしているので

その不思議を
もっと知りたい!!!

ということ。

 
知らないことを知り続けたい!!!
ということを大切にしているわけです。

 
今回紹介
した

トニカクカワイイ

不思議な女の子に主人公が命を救われて
結婚して

その
不思議な女の子の正体がわかっていく中で

本当に大切なモノ

に気が付いていく。

 
という漫画だと
金田は勝手に解釈しています。

 
このように
自分の奥深い大切なモノを
表現することで

表現していない時では
気づかないことが

目に見えるもので
表現することで

 
いままで
関わることのなかった人達と
関わることができ

人生をどんどん
深めることができると思います。

 
なんか
また
自分の話をしたり

テーマが大きくなってしまいましたが。。。。。

 
つまり

 
痛車?萌車?

呼び方なんてどうでもいいから

自分が

表現してこなかったことを

表現することで

 
お互いがわかりあえ

大切な仲間が増え

大切なモノを分かち合い

 
人生が
もっと
面白くなる!!!

ということ!!!

 
まさに

 
みんなで叶える物語!

 
の完成です!!

 
これは
痛車 萌車
人気が高い
ラブライブ
です!

 

 


もっともっと

自分の想いを表現していき

みんなで叶える物語

を完成させましょう!

 
  痛車 萌車のお問い合わせは お気軽にどうぞ!!!!
金田と
漫画の話で
盛り上がりましょう!!!

 
お店に遊びにきてください!

 
メールお問い合わせ
お電話お問い合わせ
戦わずして勝つ!メール講座
ビジネスカーラッピング専用ページ
エコガレージメルマガ

 

代表 井上やすお

代表 井上やすお 88年神戸市立神戸工業高等学校自動車科卒
国産車ディラー輸入車カスタムショップを経て独立現在に至る
自分の経験に基づいたポリッシャーのベスト回転数理論を持っている
カーラッピングは40才からはじめたので日々奮闘中です。
軽キャンピングカー、ワイルドな車のカスタマイズ、洗車、カーラッピング、痛車、オリジナル洗車グッズ。

ライター
ワイルド・エルリック

16歳まで、コミュニケーションが苦手で
引きこもりがちで
漫画とアニメとゲームにのめり込む。

逃げちゃだめだ

あきらめたら、そこで試合終了ですよ

自分を変えるということは未来を変えるということよ

立って歩け 前へ進め あんたには立派な足がついてるじゃないか

などの漫画、アニメの台詞などに勇気づけられ
人と話すのが苦手なのにスポーツ用品やアパレルの販売員としてデビュー。

その4年後に実績トップとなる。
その後、様々な著名人とのコラボやサポート
講演会や漫画のイベントを開催など
多種に渡る活動を経て、現在に至る。

代表 井上やすお

代表 井上やすお 88年神戸市立神戸工業高等学校自動車科卒
国産車ディラー輸入車カスタムショップを経て独立現在に至る
自分の経験に基づいたポリッシャーのベスト回転数理論を持っている
カーラッピングは40才からはじめたので日々奮闘中です。
軽キャンピングカー、ワイルドな車のカスタマイズ、洗車、カーラッピング、痛車、オリジナル洗車グッズ。

ライター
ワイルド・エルリック

16歳まで、コミュニケーションが苦手で
引きこもりがちで
漫画とアニメとゲームにのめり込む。

逃げちゃだめだ

あきらめたら、そこで試合終了ですよ

自分を変えるということは未来を変えるということよ

立って歩け 前へ進め あんたには立派な足がついてるじゃないか

などの漫画、アニメの台詞などに勇気づけられ
人と話すのが苦手なのにスポーツ用品やアパレルの販売員としてデビュー。

その4年後に実績トップとなる。
その後、様々な著名人とのコラボやサポート
講演会や漫画のイベントを開催など
多種に渡る活動を経て、現在に至る。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧